FC2ブログ

熊本地震救援・復興ニュース第7号

  甲佐町第1号 仮設住宅への入居はじまる 6月3日、県内第1号となる応急仮設住宅(甲佐町白旗町営グラウンド)が完成し、5日から入居が始まりました。プレハブ平屋建ての30棟90戸と、木造の集会所と談話室が各1棟。間取りは1DK、2DK、3DKの3タイプです。15日現在、県内で272戸が完成。今後、16市町村に3025戸が建設される計画です。 仮設住宅を訪問 6月10日、全国災対連の川村事務局長、全...

熊本地震救援・復興ニュース 関連①

兵庫自治労連:「熊本地震」被災者支援ボランティア「お金がないからこのまま住むつもり…(半壊住宅の住民)」                             全労連・自治労連速報第5407号より転載 兵庫自治労連は、第1陣(5月13日~15日)に3名、第2陣(5月18日~20日)に10名、計13名が熊本入りし、「熊本地震」被災者支援ボランティア活動を行いました。 第1陣は芦屋市職労から3名が先遣隊の目的も合わせて熊...

熊本地震救援・復興ニュース第6号

ボランティア、岡山などから26名が参加「でけたしこ」で頑張って! 6月3日、4日この週末もあいにくの天候でしたが、岡山から15名、福岡から8名、佐賀から2名、大分から1名、合計26名の方がボランティア支援に。社協のボランティアセンターでの活動に加え、共同センターに寄せられた5件のがれき撤去や、引っ越し手伝い、お片付けなどでご協力いただきました。岡山の支援者からは「被災地の皆さん『でけたしこ』で頑張...

熊本地震救援・復興ニュース第5号

被災者が希望の持てる救援・復興をもとめいのちネットが政府交渉 県労連や民医連、民商、新婦人、共産党など15団体で構成する「いのちとくらしを守る熊本ネットワーク(旧大運動実行委員会)」が、5月30日に被災者本位の救援・復興を求めて対政府交渉を行いました。避難所や仮設住宅、罹災証明にかかる問題や、生活と生業の再建に向けた課題、川内原発停止や立野ダム中止など59項目を7省庁に対して要請しました。 益城町...

熊本地震救援・復興ニュース第4号

熊本県労連入居ビル、地下室も綺麗に岐阜民商ボランティア 5 月23 日、岐阜民商から解体屋さん、植木屋さんなど屈強な男性3 人がボランティア支援に入りました。本職の経験をいかした素早い作業で、熊本県労連が入居するビルをはじめ、共同センター近辺の住宅のガレキなどをきれいにお片づけ。さらに、震災ゴミとして処理できず困っていたゴミも、タウンページで業者を探し出して廃棄するなど、頼もしい限り。依頼主からも「ずっ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。