FC2ブログ

地震から2月 写真で見る益城町

写真で見る熊本県益城町の状況4月16日の本震といわれる地震から2か月経った益城町の状況を写真で見てみました。      ...

熊本地震救援・復興ニュース第8号

センター発足1ヶ月ボランティアのべ260名 6月14日で、発災から2ヶ月、共同センター発足から1ヶ月が経過しました。この間、全国からのボランティア支援はのべ260名にのぼります。京都総評から9名 6月11日には京都総評から9名が熊本入りし、益城町社協ボラセンに登録して活動していただきました。翌12日は、福岡、鹿児島、岡山、兵庫からの参加者とともに共同センターでの活動。またも雨の週末となりましたが、...

私たちがお手伝いします

被災された皆さまへ私たちがお手伝いします・瓦やブロック塀などのガレキの撤去(危険な家屋内や屋根上での作業、重機が必要となる作業はできません)・自宅のお片づけ、引越しお手伝い・避難所から入浴施設への送迎 あきらめないで、私たちにご相談ください●り災証明の結果に納得がいかない●商売や農業など事業が再開できない、生活ができない●解雇された、賃金が支払われない、休業補償がない●医療費が不安で病院にかかれない●...

熊本地震救援・復興ニュース 関連③ 動画あり

ボランティアの奮闘続く! 現在、6月に入ってのボランティア登録は実数で140人となり、土日を中心として九州各県のみならず、広島県・岡山県・愛知県・京都府・和歌山県などから多くの方に応援して頂いています。6月4・5日の土日で延47人、11・12日の土日で延46人、18・19日の土日で48人のボランティアが熊本市内や益城町のがれき撤去や家屋内の清掃などのボランティア活動に汗を流しました。動画 「益城町の町並み」はこちらか...

熊本地震救援・復興ニュース 関連②

岡山県本部:「でけたしこ」で頑張って!熊本震災ボランティア~「でけたしこ」とは熊本の方言で   「一生懸命やったなら、できた分でいいよ」という意味がこめられています~                     全労連・自治労連速報第5434号より転載 災害発生から1カ月半が経過し、これまで手つかずだった被災地域でも、徐々にがれきの撤去が進みつつあります。しかし、重機が入りにくいエリアでは、依然として復旧...

熊本地震救援・復興ニュース第7号

  甲佐町第1号 仮設住宅への入居はじまる 6月3日、県内第1号となる応急仮設住宅(甲佐町白旗町営グラウンド)が完成し、5日から入居が始まりました。プレハブ平屋建ての30棟90戸と、木造の集会所と談話室が各1棟。間取りは1DK、2DK、3DKの3タイプです。15日現在、県内で272戸が完成。今後、16市町村に3025戸が建設される計画です。 仮設住宅を訪問 6月10日、全国災対連の川村事務局長、全...

熊本地震救援・復興ニュース 関連①

兵庫自治労連:「熊本地震」被災者支援ボランティア「お金がないからこのまま住むつもり…(半壊住宅の住民)」                             全労連・自治労連速報第5407号より転載 兵庫自治労連は、第1陣(5月13日~15日)に3名、第2陣(5月18日~20日)に10名、計13名が熊本入りし、「熊本地震」被災者支援ボランティア活動を行いました。 第1陣は芦屋市職労から3名が先遣隊の目的も合わせて熊...

熊本地震救援・復興ニュース第6号

ボランティア、岡山などから26名が参加「でけたしこ」で頑張って! 6月3日、4日この週末もあいにくの天候でしたが、岡山から15名、福岡から8名、佐賀から2名、大分から1名、合計26名の方がボランティア支援に。社協のボランティアセンターでの活動に加え、共同センターに寄せられた5件のがれき撤去や、引っ越し手伝い、お片付けなどでご協力いただきました。岡山の支援者からは「被災地の皆さん『でけたしこ』で頑張...

熊本地震救援・復興ニュース第5号

被災者が希望の持てる救援・復興をもとめいのちネットが政府交渉 県労連や民医連、民商、新婦人、共産党など15団体で構成する「いのちとくらしを守る熊本ネットワーク(旧大運動実行委員会)」が、5月30日に被災者本位の救援・復興を求めて対政府交渉を行いました。避難所や仮設住宅、罹災証明にかかる問題や、生活と生業の再建に向けた課題、川内原発停止や立野ダム中止など59項目を7省庁に対して要請しました。 益城町...

熊本地震救援・復興ニュース第4号

熊本県労連入居ビル、地下室も綺麗に岐阜民商ボランティア 5 月23 日、岐阜民商から解体屋さん、植木屋さんなど屈強な男性3 人がボランティア支援に入りました。本職の経験をいかした素早い作業で、熊本県労連が入居するビルをはじめ、共同センター近辺の住宅のガレキなどをきれいにお片づけ。さらに、震災ゴミとして処理できず困っていたゴミも、タウンページで業者を探し出して廃棄するなど、頼もしい限り。依頼主からも「ずっ...

熊本地震救援・復興ニュース第3号

がれき撤去 自宅片付け全国からボランティア支援 「熊本地震」被災者支援共同センターを設立し、本格的なボランティア活動が始まりました。21日、22日の2日間で、九州各県から延べ14団体、38名がボランティア支援に入り、6軒のがれき撤去と、2軒の家屋内片付けをお手伝い。2日間で2tトラック2台分のブロックや瓦を処理していただきました。  益城町のMさん(新婦人会員)のお宅は、家屋自体に見た目の損傷はな...

熊本地震救援・復興ニュース第2号

熊本地震救援・復興ニュース第2号~地震発生から1ヶ月が経過 被災地では~犠牲者49名、関連死者20名、行方不明者1名、家屋被害8万8千棟など、甚大な被害をもたらした熊本地震発生から1ヶ月以上が経過し、仮設建設もはじまりました。しかし、今なお1万人以上が避難所生活を余儀なくされています。自治体職員が現場で奮闘するも、罹災証明の発行率は3割程度、避難所によってはまともな食事提供もされず、プライバシー保護...

熊本地震救援・復興ニュース第1号

熊本地震救援・復興ニュース第1号「熊本地震」被災者支援共同センター発足~被災者が希望を持てる救援・復興を~5月14日、熊本地震の被災者支援と、憲法をいかした被災者本位の1日も早い復旧・復興をめざし、県労連、民医連、民商、新婦人、農民連で被災者支援共同センターを立ち上げました。 発足集会には、熊本から10組織13名、福岡・長崎・鹿児島から4名にくわえ、全労連の根本副議長と全国災対連の川村事務局長が参...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。